写真屋さんをお探しなら京都の第一スタジオ

お見合い写真を写真屋さんで撮影した方が良い理由

お見合い写真を写真屋さんで撮影した方が良い理由

スポンサーリンク

あなたはお見合い写真を自分で撮影していませんか?お見合い写真は写真館や写真スタジオなど、写真屋さんにお願いすることをオススメします。写真屋さんにお願いするかしないかで、結婚できる確率は変わってくるでしょう。この記事では、お見合い写真を写真屋さんに依頼すべき理由を解説します。

 

スポンサーリンク

お見合い写真の重要ポイント

お見合い写真は、お相手と出会う前に見るものであり、その写真の雰囲気によって会うか会わないかの判断が変わるほど、重要な役割を担っています。いわば、就職活動における書類選考のようなものですので、きっちりとした写真を用意する必要があるでしょう。お見合い写真で不利とならないように、そして、できれば有利となるように心がけなければなりません。

ここでは、お見合い写真の重要ポイントとして「奇跡の1枚を目指すべき」「写真自体の完成度で人柄が伝わる」「あなたの良さをそのまま引き出す」ことについて解説します。

 

奇跡の1枚を目指すべき

お見合い写真を撮影する場合には、写り方やその写真から感じ取れる印象、雰囲気などにこだわりましょう。お見合いにおいては写真が第一印象といっても過言ではありません。

心理学的には最初の印象が強く焼き付く「初頭効果」というものがありますので、最初の印象は重要なのです。奇跡の1枚を目指すくらいの気合いで、お見合い写真を撮影しましょう。

 

写真自体の完成度で人柄が伝わる

「お見合いは合った印象が大事で、写真はあくまでも写真に過ぎない」と高をくくっている人もいらっしゃるようですが、そもそも写真の印象が悪ければお見合いが成立しません。お見合い当日が第二関門だとすれば、写真は第一関門ですので、人柄の良さがにじみ出るような写真撮影をする必要があります。

 

あなたの良さをそのまま引き出す

自分自身の写真を見た時に「何だか違和感があるなぁ」とか「自分はこんな感じなのか?」と思うことがありますが、第三者が見たら、いつものあなたと何の遜色もないと感じられるケースがあります。つまり、写真はあなたの良さをそのまま引き出すものでもありますので、お相手にもそのまま伝わると考えましょう。そういう意識で写真撮影に臨む必要があります。

 

 

お見合い写真のNG例

お見合い写真を撮影する場合のNG例について紹介します。典型的なNG例としては、「写真が適当で雑」「修正を入れていて誰か分からない」「服装がだらしない」という3つがあります。いずれも、当たり前に思えるかも知れませんが、意外と多いNG例でもありますので、反面教師として把握しておきましょう。

 

写真が適当で雑

お見合い写真のNG例としては、写真自体を適当に撮影しているケースです。ピンボケしている写真や、被写体の角度が斜めになっている写真、酷いケースとしては、写真を写真に撮って使おうとする人などがいらっしゃいます。

特に、婚活サイトや結婚相談所に登録する写真の場合には、このようなケースが目立ちますが、婚活する上で不利となります。適当に撮影してはいけません。

 

修正を入れていて誰か分からない

最近の写真はデジタル化されているため、素人でも修正を加えやすい特徴があります。スマホアプリで手軽に加工ができてしまうのですが、その結果、写真で見た人と会った人が別人のようになっている場合があります。このような場合は、お見合いはできても、成婚に結び付く可能性が低いため、過度な修正は禁物です。

 

服装がだらしない

お見合い写真は正装して撮影することが常識ではありますが、正装をしていても、着こなしがだらしなければ、良い写真を撮ることができません。服がシワシワだったり、ネクタイが曲がっていたり、サイズの合わない服を着てお見合い写真を撮るのはNGです。

 

写真屋さんで撮影すべき理由

お見合い写真が婚活の有利不利を決めることはお分かりいただけたと思いますが、素人が撮影して良い写真を撮影するのは限界があります。真剣に婚活をするのであれば、写真屋さんに依頼することをオススメします。

ここでは、写真屋さんにお願いすべき理由として「第三者の目であなたの良さを引き出す」「写真自体のクオリティーが高い」「本気で婚活していると相手に伝わる」ことについて解説します。

 

第三者の目であなたの良さを引き出す

写真屋さんは、プロとして写真撮影をしているわけですので、被写体の良さを見つける目を持っています。第三者の客観的な目で、しかも多くの人を撮影してきたプロの目であなたの良さを見極めてもらえれば、素人の写真とは比較にならないほどお相手に伝わる写真となります。

 

写真自体のクオリティーが高い

写真屋さんで撮影してもらうと、写真自体のクオリティーが高くなります。もしも婚活サイトなどのウェブで使用する場合には、ライバルの写真よりも抜きんでた印象を与えることができるでしょう。そのため、写真屋さんで撮影してもらうことで、ほかの人とのアドバンテージを得ることができるのです。

 

本気で婚活していると相手に伝わる

本気で婚活していることが相手に伝わるというメリットもあります。写真屋さんで撮影してもらうと、自分で撮影することに比べてお金がかかります。しかし、あなたの写真を見ているお相手の気持ちで考えると、適当に撮影した写真ではなく、ちゃんと写真屋さんで撮影している写真であれば、真剣に取り組んでいることが想像できるでしょう。

真剣度合いが伝われば、相手も真剣に婚活している人とお見合いしやすいため、費用対効果があると考える人が多いようです。

 

まとめ

お見合い写真を適当に撮影してしまう人は意外と多いのですが、写真の見栄えという意味でも、ほかの人との差別化という意味でも、写真屋さんで撮影することが好ましいです。最寄りの写真スタジオに依頼して、素敵なお見合い写真を撮ってもらいましょう。京都市近郊の方であれば、当第一スタジオで撮影可能ですので、ぜひ遊びがてら撮影にお越しください。

プロカメラマンが教える「スマホ写真撮影のコツ!」3日間配信の無料メールセミナー

「スマホで上手に写真を撮りたい!」「SNS映えした写真を投稿したい!」「プロのノウハウを知りたい!」そんなスマホユーザーに、プロカメラマン堀出恒夫が無料でコツをお伝えします。

このメールセミナーを購読すると、たった3日でプロ顔負けのスマホ写真が撮れるようになります。

《メールセミナー全3回(毎日20時配信)》
1日目:スマホで人を撮影するコツ
2日目:スマホで料理などのモノを撮影するコツ
3日目:スマホで風景を撮影するコツ

ぜひスマホ撮影のコツを学んで、日ごろから実践していただければと思います。

PC用 登録・解除フォーム

携帯用 登録・解除フォーム
※ご登録後にメールが届かない場合は迷惑メールをご確認ください。

スポンサーリンク