京都写真スポット検索 - 写真屋さんをお探しなら京都の第一スタジオ
写真屋さんをお探しなら京都の第一スタジオ

このページでは、京都で写真撮影する場合のおすすめスポットを紹介します。エリア別にクリックしていただくと、おすすめスポットが出てきますので、参考にしてください。

もしも観光スポット名で検索したい場合には、サイト右側(スマホの場合は下側になる場合があります)の検索フォームをご利用ください。

 

 

京都の写真撮影おすすめスポット

京都市内は便宜上5つのエリアに分けて呼ばれることが多いです。京都市内中心部の洛中エリアと、洛中エリアを中心に東西南北にあたる洛東エリア、洛西エリア、洛北エリア、洛南エリアと分かれています。5つのエリアはいずれも観光名所を数多く持っており、エリアごとに街並みに雰囲気も異なります。

 

《京都エリア検索》

現在製作中です!少しずつ増やしますので、たまに見に来てくださいね!
カメラマン堀出恒夫
カメラマン堀出恒夫

【洛中エリア】

元離宮二条城

三十三間堂

泉涌寺

 

【洛東エリア】

清水寺

南禅寺

平安神宮

 

【洛北エリア】

鞍馬寺

上賀茂神社

下鴨神社

 

【洛西エリア】

大覚寺

高山寺

天龍寺

 

【洛南エリア】

伏見稲荷大社

東寺(教王護国寺)

東福寺

 

※只今製作中です。

 

京都の写真撮影スポット

どのエリアで写真撮影をする場合でも、共通していることがあります。共通していることは、寺社仏閣や自然風景四季折々の様子の撮影が可能ということです。京都は寺社仏閣が年中行事をしていたり、桜の名所や紅葉の名所、新緑や雪景色など、季節の移ろいを感じやすい街です。それぞれの観光地に訪れた際には、1回きりではなく季節を通して巡ることで、変化を楽しむことが可能です。

 

京都で撮影する時の注意点

京都で写真撮影をする場合には、いくつか注意しなければならないことがあります。まず、寺社仏閣で写真撮影を行う場合には、撮影しても良い場所かどうかをチェックしましょう。お寺によってはお堂の中を撮影禁止としているところもありますし、仏像や襖絵などは、固く撮影を断っていることがあります。

また、庭園やお寺の敷地内の撮影の場合でも、三脚撮影を禁止しているケースもあります。撮影が可能としている寺社仏閣でも、通行の妨げになる行為は控えましょう。

京都は日本人観光客だけでなく、外国人観光客も多く、人気の観光スポットは観光客でごった返しています。人が多い場所で、通行の妨げになると、周りに迷惑になるだけでなく、トラブルの原因となるでしょう。通行人との衝突で怪我をしたり、カメラを壊してしまう可能性もありますので、撮影マナーは守らなければなりません。