パスポート写真の基本!意外に知らない豆知識をご紹介

スポンサーリンク

パスポート写真には規格があり、正しいサイズで提出する必要があることは多くの人がご存知です。しかし、案外知られていないルールも多いのです。ここでは、よくある疑問にお答えする形で、パスポート写真の豆知識を解説します。

 

スポンサーリンク

パスポート写真の規格

出展:外務省

パスポート写真のサイズは、縦45mm×横35mmと規定されており、顔の長さは写真の縦の7割から8割となっています。申請した本人を撮影した写真が必須で、6か月以内に撮影したものを提出しなければなりません。

正面を向いた写真で、背景はあってはいけません。鮮明であればカラーの写真でも白黒写真でも可能となっていますので、色がついていなくても大丈夫です。

パスポート写真の注意点

パスポート写真の注意点は、適切な明るさやコントラストが必要で、写真に影ができていないということに配慮しなければなりません。もしも乳児や幼児を撮影する場合には、撮影しにくいでしょうから、イスに座らせると良いでしょう。ただし、イスに座ることができないのであれば、色がついていないシーツやベットに寝かせて、上から撮ることも許されています。

 

パスポート写真でよくある質問

パスポート写真でよくある質問を紹介します。意外と知らなかったという人も多い項目ですので、パスポートの写真撮影をする前に、予備知識として知っておきましょう。

パスポート写真は何枚必要?

パスポート写真の提出は1枚だけで問題ありません。一般旅券発給申請書や戸籍謄本、住民票の写し、本人確認書類などと一緒に提出しましょう。

パスポート写真の髪型や服装は?

パスポート写真の服装は、特に指定がありませんが、背景と人の境目が明確であることが必要です。ヘアバンドで頭部を覆っていたり、帽子をかぶっていることはNGですので気を付けましょう。

目などの顔のパーツが隠れていてはいけませんので、表情がしっかりと写っている必要があります。パスポート写真が、機械でチェックされる場合には、髪型やヒゲよりも目や鼻、口の位置が重要視されています。もしも髪の毛が多い人は、写真の中で顔の割合を増やし、ハッキリと見せるようにしましょう。

パスポート写真はメガネでも大丈夫?

パスポート写真は、メガネをかけていても問題ありません。ただし、メガネのレンズに、カメラのフラッシュの光や、周りの光が写っているとNGとなりますので、何も写ってしまわないように撮影する必要があります。

パスポート写真はどんな化粧が適切?

化粧自体の規定はありませんが、本人と判別できないような極端な化粧の場合には、NGとなる可能性もあります。普段の表情と大きく変わってしまう場合には、不必要に歯を出しているという場合にもNGになりますので、化粧も一定の配慮が必要です。

耳が隠れていてもいい?

耳が隠れている程度であれば問題ありません。ただし、輪郭などが隠れてしまうと、表情が分からなくなってしまうのでNGとなることはあります。耳を出せば、輪郭は出ますので、不安な場合には耳を出した方が無難でしょう。

 

パスポートや証明写真はどこで撮る?

パスポートの写真は、いろいろな所で撮影することができます。スピード写真や写真スタジオなど、証明写真を撮ってくれるところに依頼すると良いでしょう。写真スタジオでは、データももらえるところが多いので、ほかの証明写真にも流用することが可能です。

プロに頼めば撮り方に悩まず撮影可能

プロにパスポート写真を撮影してもらうと、一定の費用がかかりますが、長い目で見た時には案外安いと感じるケースが多いようです。プロに依頼すると、いちいち撮り方に悩む必要はありませんし、撮影する時に被写体としてのワンポイントアドバイスをもらうことができるでしょう。

また、写真スタジオによっては、撮影のワンポイントアドバイスをしてくれるところもありますので、ずっと役立つ写真スキルが身に付くかも知れません。結果的にお得感満載のパスポート写真撮影ができるかと思います。

 

まとめ

パスポート写真の撮影は、規定に沿った形で行う必要があります。今まであまり気にせず、たまたま規定の範囲に収まっていたとしても、今後のためにこれらの規定は知っておいた方が良いでしょう。特に、直近でパスポートを用意しなければならないという人は、ぜひ覚えておくことをオススメします。

パスポート写真は、スピード写真を利用しても良いですが、ほかの証明書に流用できたり、アドバイスがもらえる写真スタジオがオススメです。長い目でお得な方法で撮影されると良いかと思います。

スポンサーリンク